保育めぐ!保育の新しいWEBメディア

保育 Hoiku-Megu

南河学園附属国分保育園でアンパンマンのクッキー作り!子育て支援事業

こんにちは。

保育めぐ編集部です。

大阪の南河学園附属国分保育園の子育て支援事業で、地域の親子と地元ケーキ屋さんのパティシエと一緒にアンパンマンのクッキー作りを開催しました。

南河学園附属国分保育園は全国屈指の食育推進園です!

★主食のご飯は お米やさんから「5分づき米」

玄米から半分精米したもので、胚芽が残り 食物繊維も豊富です。特にビタミンB1は、白米の3.5倍あり、神経伝達作用に役立つといわれています。微量ですが毎日の摂取で 塵も積もれば山となるです。

できるだけ 国産のもので 旬の野菜や美味しい魚を取り入れた 和食中心の献立で手作りを基本としています



子供達も大喜び!

初めてのクッキー作りに子供達も保育士さんと一緒に真剣な眼差しです!

パティシエさんも登場!

パティシエにウサギのプロのデコレーションを見せてもらい、子供達も「可愛くて食べられない〜」

保育士さんと一緒に作った「アンパンマンクッキー」

南河学園附属国分保育園は地域交流を大切にしており、食育講座(離乳食・アレルギー)・周産期講座、梅干し・梅ジュース作り・味噌作り・歯磨き指導もおこなっています!

★南河学園附属国分保育園の食育目標は、健康な生活の基本としての「食を営む力」の基礎を培うこと

保育園が中心になって地域交流を深める活動はとても素晴らしいですね!また次回も取材させてくださいね!

前のコラム
2020/02/20

帝塚山学院幼稚園!食育を通して主体性を育む幼児教育を実践!

次のコラム
2020/02/20

卒園に寄せて…